サイナスリフトを用いたインプラント治療(82歳女性)

治療概要

患者様情報
年齢 82歳
性別 女性
お住まい 愛知県名古屋市北区
主訴/ニーズ

左上の奥歯を噛めるようにしたい。

治療情報
治療内容 サイナスリフトを用いたインプラント治療
治療内容詳細

大臼歯部の歯槽骨が少なかった為、サイナスリフトを行って骨造成した後にインプラントを埋入しました。

治療内容のメリット

左の咬合を回復したことにより、全顎的な安定をもたせることができます。

治療内容のデメリット

費用面。

また、骨造成(サイナスリフト)を行うで治療期間が長くなります。

副作用/リスク

インプラントの脱落の危険が伴います。

また、患者様が糖尿病だったので、内科医との連携しヘモグロビンA1Cの値が7以下もっていく必要がありました。適正値にもっていってない場合の手術では成功率が落ちてしまうことが考えられたためです。

治療費用 150万円
治療期間 9ヶ月
コメント

麻酔担当の西原先生に患者様の主治医と連携・情報交換を密に行い治療に望むことができました。ご高齢の患者様ではありましたが、連携し静脈内鎮静法を併用することで安全に手術を行うことができました。

治療前
治療前
治療後
治療後

治療経過や症例の詳細紹介

治療経過や症例の詳細紹介

術前のCT画像です。

治療経過や症例の詳細紹介

術後のCT画像です。

治療経過や症例の詳細紹介

インプラント定着後、角化歯肉をつくった状態です。

治療経過や症例の詳細紹介

歯肉が安定した後、仮歯を入れ経過観察しました。

治療経過や症例の詳細紹介

術後の咬合面間です。