定期健診で歯を長持ちさせましょう

定期健診で歯を長持ちさせましょう

歯科医院は従来、「虫歯歯周病の治療をする場所」と思われてきました。しかし、虫歯・歯周病は予防が可能な病気です。わざわざダメージを受けるまで放っておくのではなく、予防に努めるほうが、歯や歯ぐきのためによいことなのは明らかではないでしょうか。

名古屋市北区の歯医者「松原歯科室」の予防歯科では、歯を長持ちさせるために定期健診をご提案しています。定期健診では、歯科医師によるお口のチェックや歯科衛生士による効果的な予防メインテナンスを行います。「治療」より前に「予防」で、お口の健康を維持しましょう。

虫歯・歯周病を予防するには

虫歯・歯周病を予防するには

虫歯・歯周病予防の基本になるのは、毎日のブラッシングです。しかし自分で行うブラッシングにはどうしても限界があり、すべての汚れを落とすことはできません。そこで定期的に歯科医院で専門的なクリーニングを受け、徹底的に汚れを取り除くことが必要になるのです。

定期健診に通って入れば、もし何か異変が起きても早期発見・早期治療が可能になります。定期健診こそ、予防の近道なのです。

より効果的な予防を実現するために

予防はご自宅での「セルフケア」と、歯科医院での「プロフェッショナルケア」の両方をきちんと行うことで実現します。片方だけでは予防は成り立ちませんので、両立を心がけましょう。

ご自宅で行うセルフケア
ブラッシング
ブラッシング 毎日自分でできる予防の、もっとも重要なものがブラッシングです。「下の右の奥歯から」などとみがく順番を決め、みがき残しのないようしっかりブラッシングしましょう。
デンタルフロス
デンタルフロス 歯と歯の間の汚れは、歯ブラシでは落とすことができません。デンタルフロスを使って掻き出しましょう。
歯間ブラシ
歯間ブラシ 歯と歯の間の歯ぐきとのすき間部分は、歯間ブラシで掃除します。少なくとも1日に1回、寝る前だけでもきちんとケアしましょう。
医院で行うプロフェッショナルケア
歯垢のチェック
歯垢のチェック 染め出し液を使い、歯に残った歯垢を染め出してチェックします。みがけているつもりでみがけていない部分があることを、まず知ることから始めましょう。
ブラッシング指導
ブラッシング指導 自己流のブラッシングでは、どうしてもみがき残しが出てしまいます。そこで口腔衛生の専門家である歯科衛生士が、一人ひとりのお口に合った適切なみがき方を指導します。
フッ素塗布
フッ素塗布 フッ素には歯質を強くする効果があり、定期的に歯に塗ることで虫歯への抵抗力を高めることができます。乳歯はもちろん、永久歯にも効果的な処置です。
PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

歯科の専門家が専用の器具を使って、歯を徹底的にキレイにクリーニングする処置です。ブラッシングではどうしても落とせなかった汚れもなくなることで、予防につながります。

  • PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)
  • PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)
  • PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)
  • PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)
咬み合わせチェック
咬み合わせチェック 咬み合わせの乱れは、虫歯や歯周病を招きやすくなる上に、顎や顔つきのゆがみ、また顎関節症、肩こりなどさまざまなトラブルの原因になることがあります。定期的にチェックし、必要であれば改善のための治療を行います。
生活習慣指導
生活習慣指導 お口の健康には、毎日の食事や睡眠のタイミング、また喫煙など生活習慣が大きな影響を与えています。生活習慣を伺い、問題があれば改善に向けた指導を行います。